エリアなかいち情報

美術館

県立美術館は再開発エリア北西側、大広場に面して、千秋公園に向いて現県立美術館に対面して配置されています。 全体は、旧県立美術館の持つ最大の特徴であり県民の皆さんの心にしっかりと溶け込んでいる三角形屋根に呼応するように、三角形をモチーフとしています。
内部は、「秋田の行事」を中心とした静寂ながら動きのある展示室空間と、水庭越しに千秋公園の美しい風景を存分に楽しむことが出来る解放感あるラウンジ空間、そして美術館と街とをつなぐ大きな三角形吹抜けのエントランスプラザ(エントランス/ギャラリー)より構成されています。

エントランス/ギャラリー(エントランスプラザ)は街(再開発街区)の中心プラザ(外部空間)と美術館をつなぐ内部のプラザとして、螺旋階段を抱える三角形平面の圧倒的な高さを持った象徴的な空間としています。
また、創造と発信の場であるギャラリーを、レクチャールーム(ワークショップルーム)とともに大広場に面する1Fに配置、秋田の文化を発信します。


水庭越しに千秋公園を望む「ミュージアムラウンジ」は2階に配置、ここをライブラリー、カフェ、ショップとして、美しい風景を眺めながら、芸術に囲まれて豊かで静かな時間が過ごせる場所とします。
水庭は冬季には水を抜いて雪の庭とすること、水であるときとはまた違った趣をかもし出せます。
そこから続く「秋田の行事」を展示する大空間は現美術館のもつ大空間を引き継ぎ、上階デッキからも鑑賞できるなど、ボリュームだけでなく視点にも変化をもたせる空間となっています。

3階常設展示室、平野コレクション展示室は静かに藤田画伯の絵を中心にしたアートに静かに向き合える空間としています。
県立美術館 公式サイトはこちら

商業施設

自走式駐車場と一体となった棟であり、1階および2階の一部にテナントが入っています。

なかいち商業棟テナント(@4の3)のご紹介

なかいち商業棟(@4の3)では様々な飲食店やリラクゼーション・コスメ販売などが出店しています。

1F 店名 内容
本家あべや 秋田店 比内地鶏専門店
サロン・ナカイチ
いなにわ手綯うどん本舗寛文五年堂 いなにわ饂飩
Large(ラルジュ) オーガニックセレクトショップ
寄り道居酒屋とりっこ本陣なかいち桟敷 居酒屋
Cafe GRISSINI(カフェ グリッシーニ) ベーカリー&カフェ
あきたタニタ食堂 健康食レストラン
秋田牛玄亭RBステーキハウス レストラン
花徳 フラワーショップ・雑貨
あぐりんなかいち JA新あきた直売所
ベーカリーパン工房 GRISSINI(グリッシーニ) ベーカリーパン工房
AdeB ビューティーモール
スポステあきた スポーツステーション
CNA秋田ケーブルテレビ なかいち情報局
さきがけNewsCafe カフェ・プレイガイド・書籍販売
2F 店名 内容
リラクゼーションルーム アクアマリン リラクゼーション
ラディーチェ トータルエステサロン
御廚 光琳(みくりやこうりん) 和食・秋田菜彩

住居棟

高さ51.6m、13階建。低層部(2、3階)は賃貸住宅、中層部(4-9階)はケアハウス、高層部(10-13階)は分譲住宅となっています。